ソラマメの窓

cerebellu3.exblog.jp
ブログトップ

会話

b0335110_15354986.jpg
春は桜 🌸
あちらできれいな桜が満開だと聞くと、行って見たくなり、
今度は川岸の桜が‥‥と聞くと見にいき、
歩き方がおぼつかないのに、今の季節は落ち着きませんね〜。
天気の良い日が続いて、有り難いのだけれど、
毎日、疲れます(ᵔᴥᵔ)。

桜といえば、やはり西行さんです。
たくさんある中から、

たぐひなき
花をし枝に
咲かすれば
桜にならぶ
木ぞなかりける



今年で92歳になるという方が、
「この公園の近くに家があるので、お天気の良い日にはいつも一周してから、あの先の神社にお参りをして、こうしてみんなと少し話してから帰るんです。とても幸せですよ。」
と言います。

いつも公園で会う人は、遠慮がちに、挨拶程度の会話をしていきます。
そして皆さん「健康のためにも会話は大切よ!」と言います。

病気で倒れた頃は、頭の中でたくさんの文章はできるのですが、口から外に出すのに1秒ほど遅れ、しかも滑舌も悪かったので「みんな分かったのかな?」といつも思ってました。
でも、不思議に「おはよう」や「さようなら」「お疲れ様」は普通に出てきました。
人生の中で一番使っている言葉だからでしょうか。

言葉・会話を少し考えてみます。
言葉には、おおざっぱに
◎記憶 物の名前や作用、今までの出会い
◎理解 相手の言っていることの意味
◎想像 この言葉を発したら‥‥こうなる
◎構成 自分の言葉の並び
◎運動 言葉を発する時に使用する多くの筋肉
が関係します。

脳をフル回転し、舌や口腔、咽頭を使います。
自律神経や副交感神経も動きますから、胃や腸まで影響を受ける場合があります。

公園では、健康のための会話にとどめておいた方がいいので、脳と運動神経を刺激するぐらいがいいですよね。

挨拶をするとか、同じ花や鳥を見て共感するなど‥‥。
そうそう、この"共感"がとても大事で幸せに直結するんだ〜と言っていた人がいます。
確かに、同じものを見、感じ、「イイねー」「キレイ!」と言い合えたらかなり幸せかも。
辛かった病気の症状の共感もね😆。


一言でも、話すこと、
話せなくても話そうとすること‥‥は、いいことですよね。
公園だからできることです。
桜の季節だし、どんどんこれから花も咲いていくので、ぜひ共感の言葉を!。

木蓮、梅、辛夷‥‥と、たくさんきれいな花を咲かせる木がありますが、西行さんが言うとおり、どう見ても満開の桜の木には負けますね😄。

毎日桜の写真をたくさん撮っているので、今回はもう一枚載せさせてください。
"淡墨桜"と書いてありました。

b0335110_07324573.jpg



[PR]
by no-shukkettsu | 2018-03-31 07:55 | Comments(0)