ソラマメの窓

cerebellu3.exblog.jp
ブログトップ

散歩

b0335110_12381743.jpg
写真はスノードロップの花です。
公園で撮りました。
毎年のことなのに、いつも新しく感じます「なんだか春ですね。」と。
西行さんへ‥‥梅の写真じゃなくてすみません (^^;)。

梅が香を
谷ふところに
吹きためて
入り来ん人に
染めよ春風


春の風には、花の香りがたくさん含まれていて、キョロキョロと見回すと、けっこう遠くに梅の木があったりしますよね。

公園で何人かに聞くと
「健康のためには、やっぱり外に出てみること、歩くことだね。」
と言います。
杖を使っている人、カートを押している人、車椅子の人もです。

入院している時も、引きこもっている時も
窓を開けると、部屋とまったく違った空気の流れを感じました。
それで、今回は散歩の効用を五感で考えてみました。

五感とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、です。
ただし、他の感覚を閉じて一つずつ考えてみます。

◎視覚
家を出て信号の赤青黄色を確認し、歩道の線を見て、公園に着いたら、季節ごとに目に見える木や花、鳥を見て、出会う人の顔を確認します。
空や池、遠くの山々を見ます。

◎聴覚
扉の軋む、車や自転車の、人の話す、鳥の鳴く、葉が風で触れ合う、水が流れる、缶や紙が風に舞う‥‥音がします。

◎触覚
ドアノブの触り具合、車椅子や杖、手すり、木や葉の手触り、誰かが手をとってくれた時の感触。

◎味覚
時折、散歩の途中で立ち寄る喫茶店のナポリタンの味。
たまに食べる、おしるこの味。
少し遠出した時に持参したポットのお茶やおにぎりの味🍙。
噛んでいるガムの味。
喉がちょっと‥‥と思ってなめるノド飴の味。

◎嗅覚
お昼や夕食の準備で、各家から流れてくる、卵焼きや焼き魚の匂い。
喫茶店の前を通る時のコーヒーの香り。
お肉屋さんのコロッケの匂い。
梔子、梅や沈丁花や桜、木瓜などの香り。

ちょっと思っただけで、
散歩の途中には、こんなにたくさんの感覚が動きますね(ᵔᴥᵔ)。

私が一番好きなのは、風に乗ってくるいろいろな香りですかね。
卵焼きの匂いなんてして来たら、幸せ倍増でクンクンしてしまいます。

もちろん散歩には、血行促進、筋肉保持、心臓の強化など、大事な効用がありますが、
嬉しいことは、この五感への働きかけですよね。

今の季節は、西行さんが歌に描いているように、
時折、色が見えるように、梅の香りが空気いっぱいに漂ってきます 🍃。




[PR]
by no-shukkettsu | 2018-02-25 16:38 | Comments(0)