ソラマメの窓

cerebellu3.exblog.jp
ブログトップ

[陶淵明(とうえんめい)の雑詩二首からその一 、の続き(最後)]

b0335110_11354249.jpg
写真は杜鵑(ほととぎす)です。
鳥は"不如帰"と書きますよね。その胸の模様が、この花に似ているらしいですよ。
この頃、毎日雨が多いですね☔️。

盛年不重來 (せいねん かさねて きたらず、)
一日難再晨 (いちじつ ふたたび あしたなりがたし。)
及時當勉勵 (ときにおよんで まさに べんれいすべし、)
歳月不待人 (さいげつは ひとをまたず。)

"若い時は二度とはやって来ないし、一日に二度目の朝はない。楽しめるときには、せいぜい楽しもう。時というものは人を待ってはくれないぞ。"
という意味だそうです。
(いつも、岩波書店の「中国名詩選」を参考にさせていただいてます。難しくてパソコンで漢字を見つけられない時もあります。)


駅でバスに乗り込もうとすると、私より先に並んでいた、50代ぐらいの小柄な女性(以後Aさん)が、
「このバスは病院前で止まりますか?。」
と聞いてきました。
私は、
「はい、止まりますよ(^^)。」
と答え、先にステップを上がり、席に座りました。
(このバス路線には、病院が二つあるのですが、どちらも止まるのです。)

運転手さんは、発車まで時間があるらしく、外で軽くストレッチをしています。
Aさんはバスに乗らずに、なぜかドアの前に立ったままです。
しばらくして、発車の時間近くになり、運転手さんが運転台に座ると、
Aさんは運転台のドアの方に駆け寄り、
「このバスは病院前に止まりますか?。この手帳使えます?」
と聞いているのです。
「止まりますよ。手帳は降りる時に見せてくださいね。」
さっき私に聞いたのに‥‥。
それから、Aさんはやっと安心したようで、バスに乗り込み、ちょうど私の後ろに座りました。
半袖でも暑い日だったのに、長袖のシャツのボタンを上まできちんと掛け、その上にもう一枚着て、汗をかいています。
小さなバックからタオルを出すと、汗を拭きながら
「さっきはありがとうね、きょうは暑いね〜。」
「きょうね、シャツを一枚とハンカチを買ってきたの。(使っていたピンクのタオルハンカチを見せながら)これは違うけどね。それに、さっきあそこでコーヒーを飲んでモンブランケーキを食べてきたんだ。美味しかったよ。」
と話しかけてきます。
「病院の売店の方が安いけどね、たまには買い物もいいね。バスを降りるときには、この手帳を見せるように言われてるんだ。」
「ケンケイからもらったんだよ。」
「ケンケイからもらったんだ。」
と何度もいいながら手帳を出して見せてくれました。
緑色の少し大きな手帳です。
ケンケイ?県警から?‥‥交通課?‥わからなかったけど、頷いてみました。
それから、天気のことや、なぜ病院の売店はコーヒーもハンカチも安いのかという話を数回と、好きな食べ物の話をしていました。
私が降りるのは、駅から3つ目の停留所なので
「足が悪いので、歩ける距離だけどバスに乗ってるの。じゃ、次おりますのでどうもね〜さよ‥‥」
と言おうとすると、笑顔で
「サヨナラっては言わないよ〜また会うかもしれないからね。」
「サヨナラは言わないよ〜。」
と2回言うのです。
初めて会った人から「サヨナラは言わないよ〜」
という言葉を聞くとは‥‥なんだか不思議な気がしました。
それで、振り返って「じゃ、またね、」といいながらバスを降りてきました。

しばらく考えて、
きっと子供の頃から、お母さんに言われてきた大事な言葉達があるんだろうなぁ。
そして緑色の手帳は、ケンケイからもらったんじゃなく、ケンチョウ(県庁)からもらったんだね。

「休憩中の運転手さんに話しかけてはダメよ。」
「洋服はきちんと着ているの。」
「お金は大事に使うのよ。」
「また、直ぐ会えるから、サヨナラは言わないのよ。」

映画の" フォレスト・ガンプ "を思い出しました。
そういえばあの主人公も、いつも青いシャツをきちんとボタンを上まで掛けて着て、背筋を伸ばしてバスを待っていましたね。
毎日、お母さんが教えてくれた大事なことを守っているので、その純真な心に、みんなの協力が集まって、幸せに一生を駆け抜けて行く映画でした。
大好きな俳優さんの一人、トムハンクスが演じてました。

なんだか、弱くなっている涙腺が開きかけています(≧∀≦)。


陶淵明の "歳月は人を待たず" も、よく父が言っていました。
"今日という日は、もう二度と来ない。"とも言われました。
だからといって、毎日精一杯生きているわけでもないズボラな私ですが、
迷った時は
「明日は生きていないかもしれないからね〜。エイッ!」
と、好きな方を選んでみます。
それに、なるほどAさんがいうように「サヨナラ」は言わない方がいいですよね。
以外に世界は狭いので、また会うかもしれませんよね (ᵔᴥᵔ)。




[PR]
by no-shukkettsu | 2017-10-28 16:16