ソラマメの窓

cerebellu3.exblog.jp
ブログトップ

[怪我の功名]

b0335110_10581239.jpg

顔の痛みは大体取れてきました。

 そんなわけで、ほぼ週に1回家から5分ほどの歯科医院に通うことになりました。しかし私が歩くと20分かかります。

 2回目の通院の時、治療が終わった後、思い切って家の方向ではなく、公園の方向へ足を向けてみました。子供達が小さかったころ良くザリガニ(マッカチン)を取りに来た公園です。

 湧き水が出てくるところや小さな流れ、ザリガニが隠れている岩場、滑り台も20年前と一緒です。赤いボケの花も昔と同じ様に咲いています。大きな木の幹に触れてみました、すると温かいのです。植物から見ればたかが20年ですね。

ついでに少し遠回りして、これから水仙が咲き始める水辺を回って帰りました。桜の木や梅の木もあり、蕾がふっくらし始めていました。

健康のためか公園を早足で周っている人達に出会いました。私は同じ人に6回も追い越されてしまいました。

公園に行けたことは“怪我の功名”ですね。

「よっし、明日から、もうすぐ咲きそうな梅の木まで散歩しよう!」と思ったのです。 でも、やっぱり次の歯科受診まで歩きませんでした。今は「歯科受診のために外に行くだけ進歩じゃない。」と自分を慰めています…。

今回は、今年初めての“菜の花”のお浸しです。

太さにもよりますが、お湯が沸騰してから30秒ほど茎の方だけを茹でます。それから、お好みの柔らかさに合わせて、全体を約1分~130秒茹でます。少し苦味を感じるのは春の味でしょうか。

“菜の花”をのせているお皿は“酔月”という陶器です。あまり知られていないのかもしれませんが、好きなのでワイングラスなども持っています。

b0335110_10584818.jpg

[PR]
by no-shukkettsu | 2015-01-27 11:49 | Comments(0)