ソラマメの窓

cerebellu3.exblog.jp
ブログトップ

[正座]

b0335110_16115898.jpg

山之口獏さんの詩に「座蒲団」という詩があります。土の上、床の上、畳の上、そして座蒲団の上と、座り心地を生活に例えて詩にしています。その詩と並べるのは申し訳ありませんが、正座というとこの詩が浮かんできます。

私は4年間正座が出来ませんでした。痛いからではなく、やはり左足より右足のほうが高いと脳が感じるらしく、右足を左足と同じように折り曲げることが出来なかったからなのです。飲み会は、なるべく椅子のあるところを選んでくれたのですが、やはり日本ですから畳の部屋が多いですね。

44ヶ月経った今は、時々正座している自分に気づきます。しかしまだ、折り曲げた右足が少し高く感じます。

獏さんとは違う意味ですが、座蒲団に座っている自分はとても不思議な感じです。もともと、座ると少し高い位置になってしまう座蒲団は苦手だったのですが、やはり正座はまだうまく出来ません。

今日はブロッコリーの料理です。

ブロッコリーは栄養がとてもあるのに、我々60代にとっては、サラダのイメージしかありませんでした。

でも、にんにくと良く合うのですね。それに、茹でなくてもそのまま炒めて食べられるのですね。

 にんにく3粒くらいを薄切りにして、オリーブオイルで香りが出るまで炒めます。そこにブロッコリーを入れて1分ぐらい火を通したら、斜めに切ったちくわと、冷蔵庫の中に残っていた白菜漬け(他の漬物でも良いと思います。)を入れて炒めます。調味料は白菜漬けに味がついているので、何も使いませんでした。

ブロッコリーは1房を3分の1くらいに切って用意しておくと火の通りが良いと思います。

b0335110_16124562.jpg


[PR]
by no-shukkettsu | 2014-10-21 16:41 | Comments(0)