ソラマメの窓

cerebellu3.exblog.jp
ブログトップ

[字]

b0335110_12385315.jpg

昔「パソコンの液晶画面には“イカ”が入ってるのよね。」と言って笑われた記憶があります。画面を触ると、液晶部分が柔らかくへこむので“イカ”の成分が入っていると本気で思っていたのです。

まだ、字はすばやく書けません。

パソコンのキーボードも、右手では、なかなか打てないので、左手だけを使っています。たまに右手を使ってみますが、キーボードには合わせられますが、何かぎこちない感じがして、積極的に右手が出てくることはありません。4年間もこのようだと、右手の動きを忘れてしまいそうです。

 しかし両手を使うことが出来ないということは、とても時間がかかります。何事も同時に2つ行うことが出来ないのですから。

買い物はいつもお願いするので、買ってきて貰いたい物を左手でメモに書いて渡します。

ある日そのメモを見てHさんが

「これ自閉症の人が書いた絵のようですね。」と言うのです。

アスペルガー症候群のことをよく勉強しているHさんは、私のメモの字を見て、映像として感じるらしく“肉は肉そのものであり、太まきや、鉄火まきも巻ものその物の情報を表している。”と見えると言うのです。

そして「この字はすごいです。」と言うのです。

私の字を褒めてくれた人は初めてです。

「完全に元に戻って行ったら、このような字も書けなくなるのかと思うと、それも悲しいことですね。」とも言って下さいました。


[PR]
by no-shukkettsu | 2014-08-15 12:55 | Comments(0)